○×もんだい

数学は論理(ろんり)の学問です。 論理(ろんり)について学んでみましょう!

いきなりですが、もんだいです。 次の式の合っているものには○、まちがっているものには×を付けましょう。

  • \(1 + 3 = 4\)
  • \(2 + 3 = 4 + 1\)
  • \(3 = 5 - 3\)
  • \(2 + 6 > 9\)
  • \(5 + 4 \neq 8\)

合っていること(つまり ○ のこと)を英語で True(トゥルー)と言います。 なので、数学では ○ のことを T と書きます。

まちがっていること(つまり × のこと)を英語で False(フォルス)と言います。 なので、数学では × のことを F と書きます。

日本語では T のことを「真(しん)」、F のことを「偽(ぎ)」と言います。 でもちょっと漢字がむずかしいので、T と F をつかうことにしますね。

さきほどの問題につけた ○ と × を、T と F に書き直してみましょう。 また、次の式に T と F をつけましょう。

  • \(3 \times 4 = 4 + 8\)
  • \(7 < 2 \times 3\)
  • \(8 \geq 3 + 5\)
  • \(4 \times 5 \leq 3 \times 6 + 3\)
  • \(3 \times 7 \neq 17 + 4\)